ミサ

着物を着る時には何が必要なのかしら?


着物初心者の人は、着物を着る時に必要なものとして、足袋や帯は知っているけど、他にどんな小物が必要なのかわからない人も多いのではないでしょうか。

着物を着る時には、想像以上に色々な小物が必要になります。

このページでは、着付け時に必要な着物の種類から小物などの取扱い方法をご紹介します。

また着物&小物セット一式をレンタルできるサイトもページ最後に載せていますので,そちらも参考にして下さいね(^^)

めまいを起こすミサ

着物は奥が深く初めて知識を学ぼうという人はめまいが起きそうですよね(私がそうでした)笑

このページでは着物初心者の人にもできるだけわかるようにセット一式をご紹介していきますね!


着物の初心者なら最初に知りたい!必要なセット一式!

初心者の人がまず知りたい、着物を着る時に必要な小物を着付け順に紹介していきます。

着物小物セット
  • 足袋(たび)
  • 肌襦袢(はだじゅばん)
  • 裾よけ(すそよけ)
  • 長襦袢(ながじゅばん)
  • 半衿(はんえり)
  • 衿芯(えりしん)
  • コーリンベルト
  • 伊達締め(だてじめ)
  • 帯(帯締め、帯揚げ、帯枕、帯板)
  • 履物(草履・下駄)

 

足袋(たび)

着物,足袋
着物に足袋は欠かせません。

足袋は、着付けのまず最初に履くことをおすすめします!

着付けが終わった後に足袋を履くと、せっかく整えてきた着物の様相が崩れてしまうかもしれません。^^;

ミサ

初心者の人は足元は後で…と足袋を最後に履く傾向もあるので注意が必要です!

下着

着物を着る場合には、体の線(胸・お尻)のメリハリが分からないようにします。

ストーンとした寸胴体型が着物姿の理想です。

たまにしか着る機会がないという人が、わざわざ和装ブラを揃えるのはちょっともったいない気もします。

そんな時は、ノンワイヤーブラやスポーツブラがおすすめです。

最近は、ピッタリ肌に馴染む薄い生地の下着がでていますね。

ショーツもラインがでてしまわないように、ボクサータイプの薄地でアウターにひびきにくいものを選ぶようにしましょう。

ミサ

下着が浮き出てしまっては着物初心者だなと玄人さんに笑われますよ!笑

肌襦袢(はだじゅばん)


肌に直接着る下着のようなもので、汗を吸って着物の傷みを防ぎます。

晒や綿素材で、衿がない腰辺りまでのものです。

半襦袢(はんじゅばん)

肌襦袢に衿(えり)の付いたもので、長襦袢の代わりになります。

裾よけ(すそよけ)


裾よけは、下半身用の肌着のようなもので、洋服でいうとスリップやペチコートのようなものです。(肌襦袢は上半身用の肌着)

裾の着崩れ防止の役割もあり、肌襦袢と裾よけが一体化したワンピースタイプのものもあります。

2つの役割を持つ裾よけは初心者の人にも人気がありますよ(^^)

長襦袢(ながじゅばん)


正絹や化繊素材で、衿、袖があり着物の下に着るもので、洋服で言えばブラウスのようなものです。

着物と同じように袂(袖の下から垂れた部分)があるのも特徴です。

半衿(はんえり)

着物への汚れ防止のために、襦袢に半衿(はんえり)を縫い付けます。

ミサ

半衿は,ただの汚れ防止だけでなく着物姿を印象付ける大事な外見要素なので,初心者の人は自分に合った柄を選びましょう♪

衿芯(えりしん)

襦袢と半襟の間に差し込む芯のことで、衿がピシッと綺麗に整います。

コーリンベルト

着物の襟に付けて衿元が開かないように固定する、両側にクリップの付いたゴム紐のことです。

伊達締め(だてじめ)

胸元の着くずれ防止のために長襦袢の上や帯の下に締めるもので、マジックベルトタイプもあります。

着物

着物の種類は大きく分けて、黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、色無地、付け下げ、小紋(こもん)、紬(つむぎ)、御召(おめし)があります。

※ 「それぞれの種類を知りたい人はこちらで ↓ ↓

着物の種類を大解剖!格の違いや見分け方などを知って着物を楽しむ

着物にサイズはあるの?
着物は包んで着るものなのでサイズはないのでは?と思う初心者の方もいるかも知れませんが、実はあります。

ヒップ回り、肩幅、袖幅、身丈などでサイズが変わってきます。

初心者の人でもレンタル・購入予定があるなら,なるべく試着してから選ぶのをおすすめします。

着物,帯
「着物は帯で着る」という言葉があるように、帯は重要な小物です。

どこへ着ていくのか?色や柄は??質感は?

…など着物との相性や季節などが大切になってきます。

カジュアルな着物に金銀の糸が入っている帯は合わせないなど、着物の格と帯の格にも気を配る必要があります。

帯締め(おびじめ)、帯揚げ(おびあげ)

着物,帯締め,帯揚げ

  • 帯締め:帯を固定するために帯の上から使用する紐
  • 帯揚げ:帯の上から少し見える帯枕を包むもの

着物や帯の種類によって、帯締めと帯揚げの選び方は変わってきます。

地域などによって異なる場合もありますが、留袖の場合は、慶事用として帯締め・帯揚げは白、喪服の場合は、帯締め・帯揚げは黒、と色が決まっている場合もあります。

着物と帯、帯締め、帯揚げの色の重なり具合で全体の印象も変わってくるので、どの組み合わせにしようかと悩むのも楽しみの一つですね。(^^)

ミサ

初心者の人は笑われないような組み合わせを選びましょうね!

帯枕(おびまくら)


帯枕は、帯の形を整える小物です。

帯揚げで包んで使用するので、着物を着た時に帯枕の色は見えません。

帯板(おびいた)


帯板は帯に差し込んで使い、帯にシワがよらないように形を整える小物です。

前板と後板があり、ベルト付きのタイプもあります。

めまいを起こすミサ

初心者の人にはベルトをきつく締めすぎて窮屈だったという方もいるので,サイズ調整に注意です!

三重紐(さんじゅうひも)

帯の襞(ひだ)を留めておくための、ゴムが三重になっているゴム紐のことで、変わり帯を結ぶ時に非常に便利な小物が三重紐です。

作り帯が便利

着物初心者の人で結び方がわからない、結んだ帯が緩んでしまいそうなど、帯を締めるのに苦手意識のある方には作り帯が便利です。

結んだ形の帯を差し込むだけなので、初心者の方も簡単にできそうですね。

車で移動する時には、外すこともできるので楽ちんです。

履物

着物を着たら履物は草履と下駄のどちらを選ぶべきなのでしょうか。

初心者なら、なおさら悩むところですね。

草履(ぞうり)

草履
着物を着て静かな場所に行くなら、あまり音のしない草履が安心です。

下駄(げた)

履物
下駄は音がするので、浴衣で夏祭りのような気軽なお出かけや雨上がりなど湿った場所を歩く時に履くことをおすすめします。

湿った場所を歩いた後に室内に行く場合は、下駄を履いていって草履&替えの足袋に履き替えるといいですね。

ミサ

着物初心者の人は「下駄の音がうるさい!」「歩きにくいのでコケそう!」

…と言った注意点が考えられますので気を付けましょう!

着物初心者なら知っておきたい!お助け小物

初心者に限らず着物を着る時に、これはあったら助かる!便利!な小物があります。

補正用タオル

より美しい着姿になるように体のメリハリをなくすためにタオルで補正します。

汗対策にもなり、腰紐が直接体に食い込んだりしないように、また着崩れを防ぐためなどに使用します。

着物クリップ

クリップ
着付けをする際に後ろの襟を固定しておいたり、帯を結ぶ時などに使います。

クリップを付けっぱなしにしないように注意が必要です。

レギンスや和装ストッキング

なくてもいいですが、寒い冬に着物を着る時の防寒対策として使用している人もいるようです。

初心者も知っておきたい!あったらおしゃれな小物

着物を着た時に自分のセンスを出すことのできる小物を紹介します。^_^

着物や髪のセットだけでも豪華な印象になるので、TPOを踏まえた小物で楽しみたいですね。

※TPO⇒Time(時)とPlace(場所)とOpportunity(場合)の略語。

きっちりとした礼装なのに色違いの派手な小物は場違いになることが多いので初心者に限らず気を付けましょうね(^^;)

帯留め(おびどめ)

帯留め
帯締めに付けるアクセサリーのことで、洋服でいうとブローチのようなものになります。

ただこちらもTPOが大切です。

振袖、留袖、喪服の第一礼装を着用するような結婚式やお葬式以外で使用します。

かんざし


かんざしには、髪をまとめるものや挿し込んで使うものがあります。

さまざまなタイプのかんざしがあるので、浴衣を着るときや成人式、フォーマルな場面など、その場や雰囲気にふさわしいかんざしを選ぶようにしましょう。

バッグ

バッグもTPOに合わせたもの、着物を着たときの全体のバランスを考えたバッグを持つようにしましょう。

結婚式など第一礼装の着物を着用する場合には、バッグも落ち着いた品のあるバッグがおすすめです。

浴衣などには、巾着型やカゴ型のバッグを持つと涼しげですね。

落ち着いた色の革製のバッグを合わせることもできます。

着物姿に大きなバッグは似合わないので、小ぶりなバッグを選ぶようにしましょう。

ミサ

初心者の方で黒留袖なのに普段使っている(明るめの赤い)バッグを持っていたら不自然と言われた!という人もおられます。

細かい部分での気遣いも必要なので気をつけましょう。

着物初心者必見!セット一式をレンタルできるサイト

着物レンタル
着物を着る時には、たくさんの小物が必要です。

黒留袖、留袖、訪問着、紬、浴衣など、それぞれのシーンにあったセットを揃えるのは大変…

でも、結婚式には着物で出席したい!

もっと気軽に色々な種類を着てみたい!

着物をもっと気軽に楽しみたいなら、セット一式をレンタルできるサイト「着物レンタルwargo」が便利です♪

フォーマルな着物から卒業袴、七五三、お宮参りの産着などさまざまなレンタルプランが用意されています。

初心者の人なら話を店員さんに聞きながら借りる着物を選べますよ

宅配してくれるプランから、小物のセットやヘアセット、荷物も預かってくれるオプションもあるので、手ぶらで行って着物に着替えてそのまま結婚式へ行くこともできます。

お手入れの必要もないし、毎回違った色柄の種類を着ることができるので、初心者でも安心して着物を楽しめそうですね。^_^

<合わせてどうぞ♫>